秘湯湯西川温泉と那須高原(2009/11/12~13)
2009年11月12〜13日:自治会&OB慰安旅行

朝6時10分浜松アリーナバス停に集合のため、5時起床、
用意したおにぎりを時間があったので先に食べて出かけた。
バス停まで徒歩で5分ぐらい。みなさん集合して6時18分のバスで浜松駅に行く。
地下道を通って遠鉄デパート前へ。
39人乗りの遠鉄観光バスに乗り、途中、市役所近くの遠鉄観光の駐車場で大橋さんと静雄さんを乗せる。
静雄さんの車で車中用の飲み物と酒の肴を積み込む。
そこから袋井と掛川でお客を乗せ、ほぼ満席で出発。途中、SAでトイレ休憩をしながら、首都高へ。
そこから東北自動車道を行き、湯西川温泉へ。お昼は車中の弁当だ。曇り空で富士山は見れなかった。
12日最初の観光地、龍王峡では、1時間の散策。道は思いのほか険しく、浅野さんにはちょっときつい。
鷲頭さんと二人で浅野さんの面倒を見ながら、一周する。渓谷は見事で紅葉は見頃だった。

そこから今日の宿である湯西川温泉の「花と華」へ向かう。
ここは平家の落人部落だった。もう栃木県と福島県の県境だ。
部屋は別館の3階で4人部屋で岸本さん、村上さん、斉藤さんの4人。
到着後、小休憩を取り、温泉に入る。温泉は大浴場、檜風呂、岩風呂などがある。そこで檜風呂に入った。
出かけるとき、部屋のドアーの開閉金具で頭をぶつけた。高さが低いのだ。
ここは部屋から一旦2階(ここにロビーがある)に降り、そこから本館の3階に向かう。
ややこしい作りだ。温泉は単純泉で水質は透明でさらさらしていた。
裏に露天風呂があり、直ぐ前には渓流があり景色は良い。午後六時半から宴会場で食事。料理は普通だった。
食事後、宴会場でカラオケを歌い、最後に記念撮影。今回三脚を持っていったので全員12名でパチリ。
宴会の後は、カラオケルームで歌う。ルームチャージは二時間で一人1500円だった。
時々タバコのため、部屋でも吸えるが、マナーとして喫煙できるところで一服。
部屋に戻って直ぐに寝た。布団が違うせいか、なかなか寝付けなかった。

翌日は、6時起床で7時から食事。朝飯はまずまずでご飯は美味しくお代わりした。
出発は8時なので、その間にお土産を買う。
ゴルフへのお土産は静雄さんと松浦さんと3人で8百円づつだして、買った。
出発前に旅館の前で記念写真を撮る。
今日は日塩もみじラインを通ってもみじ谷大吊橋に向かう。ここの紅葉はすばらしい。
スキー場近くはすでに葉が落ちていた。吊橋は大したことは無かった。
それでも渡っていると結構揺れるのが面白い。その後、南が丘牧場に行く。
ここも寂れたところだった。牧場とはいうが牛がいない。
チョウザメがマスといっしょに泳いでいた。チョウザメのいる黒海も淡水なのだ。みんな海水と思っているらしい。
その後、那須で昼食。この付近は、昔来たことがある、懐かしいところだ。昼食はなかなかよかった。

午後2時ごろ、帰路につく。首都高に入るとオバマ大統領来日で通行止め、急遽ルート変更だ。
それでも少しの渋滞だけで無事通過。
東名に入ってからは順調で夕方5時ごろ、SAで有名なメロンパン(180円)を買って食べる。
浅野さんは鯖寿司を食べきれず、少しくれた。
鷲頭さんもアジのフライをくれた。そのため、パンは食べきれず、少し残して持ち帰った。
午後8時過ぎに到着。バスで戻った。

幸い雨の影響もなく、たのしい2日間だった。
参考:・龍王峡・http://www.ryuokyo.org/・ ・花と華・http://www.yunishigawa.co.jp/・
下の写真をクリックすると大きく表示され 、その写真をクリックすると順に表示されます。
キーボードの ← → を押しても順に表示されます。