鳴門海峡と姫路城の旅(2011/8/5〜6)
姫路城(2日目)
  翌日8月6日(土)は朝6時前に目が覚める。一服しようと5;50頃ベランダに出ると虹が出ていた。
 急いで真ちゃんを呼ぶ。7時前に宴会場に行き、朝食バイキング。
 これも料理はよかった。土産をGG用と浅野さん用に買って部屋に戻る。
 9時頃玄関先で写真を取ってもらい、出発。
 徳島から少し戻る形で北上し、吉野川を越えて西に進み、香川県に入り、間もなく高松道に入る。
 白鳥大内〜高松〜坂出から瀬戸大橋に入る。11;30頃、瀬戸大橋の中央部分の与島PAに降りる。
 ここで昼食を思ったが止めて、橋の前で写真を撮る。近くの若者がシャッターを押してと頼まれ
 代わりにこちらの方も写真を撮ってもらう。
 その後、姫路城に向かう。瀬戸大橋から鷲羽山、児島を通り、水島製鉄所を左に見る。
 倉敷で山陽道に合流し、岡山〜和気〜備前〜赤穂〜相生〜播磨〜山陽東姫路と行く。
 14;30頃姫路城に到着。現在天守閣改修中で入場無料。今日はイベント開催のお祭。
 正面の有料駐車場は他が渋滞している割に空いていた。
 広場では小学生の絵を張り付けた大きな灯篭が無数に立てられていた。
 お城は改修中ということで外からは全く見えないが、鹿島建設が請け負い、観光用に通路が
 作られ、中は完全冷房でほっとした。エレベーターも設置され、天守閣を間近に見ることが出来た
 屋根の瓦は完全に剥がされてあった。世界遺産だけあって見事なお城であった。
 お城の全体地図を見ろとその巨大さが伺える。建立の歴史も1330年からと古いことにも驚いた。
 見学は30分ぐらいと云っていたが結局2時間近くかかった。
 16;30に戻り、無料の動物園に入ろうと思ったが17;00までと云うことで断念した。
 一路岐路に付く。途中、西宮付近で渋滞に合うが、それ以降は順調に進む。
 20;00頃SAで夕食を取る。それでも名古屋付近から空の模様が怪しくなり雷が光り出し、
 浜松に着いたころには雨が降っていた。10;40頃到着し、子どもたちは熟睡状態。
 その車のまま、家まで戻り、車は翌朝戻すこととなった。家には11時を過ぎていた。

下の写真をクリックすると大きく表示され 、その写真をクリックすると
順に表示されます。キーボードの ← → を押しても順に表示されます。